お知らせ・ブログ

news & blog
ブログ
予防歯科
口腔外科

歯ぎしりによる症状

夜間、特に就寝中の歯ぎしり(ブラキシズム)は、ご自身では気付きにくいものです。

歯ぎしりによって引き起こされる症状には、次のように多くのケースがあります。
みなさん、当てはまるものはありませんか?

〈歯ぎしりによる症状〉
・朝起きると歯や顎が痛い。
・口や首の周囲が疲れた感じがする。
・顎や噛み合わせがずれた感じがする。
・肩こり、偏頭痛の悪化がみられる。
・歯並びの悪化、歯の病的移動がみられる。
・顎の関節に違和感、雑音がある。
・歯が浮いたような感じがある。
・不定期に歯茎に違和感がある。
・歯が欠けたり割れたりする。
・特定の部位で噛んだときに痛みがある。
・口内炎が頻繁にできる。
・舌が荒れたり、痛みがでる。
・つめものや被せ物が外れたり割れたりする。
・歯の動揺やインプラントの破折が起こる。

上記のような症状は、歯の健康状態に直接大きく影響します。
むし歯や歯周病の予防のために早めの改善を心がけましょう。

当院では、歯ぎしりの診断・処置を専門医が行います。
上記症状に当てはまった方は、どうぞお気軽に当院へご相談ください。

▼当院のLINE公式アカウント

クレジットカード
記事サムネイル画像
清瀬駅前周辺案内図
歯磨き粉

清瀬とく歯科クリニックで一緒に働きませんか?

スタッフ募集中!

お話を聞いてみたいだけでもオッケーです!
皆さまのご応募、お待ちしております!

いま募集中の職種はこちら!

  • #歯科医師
  • #歯科衛生士