お知らせ・ブログ・症例集

news & blog & cases
小児
歯科矯正
症例集
空隙歯列

小児矯正症例1 空隙歯列 (すきっ歯)

小児矯正症例1 (9歳・男児)

空隙歯列:すきっ歯

Before

After

使用した矯正装置

 ・ラビアルブラケット矯正装置(2×4)

治療概要

 9歳男児、舌突出癖と言われる、物を飲み込むときに舌を前に出してしまう癖により、歯が前に押し出され隙間ができてしまった状態。口腔筋機能療法(MFT)と言われる舌のトレーニングをご家庭で実施。前に出てしまった前歯は、ワイヤー矯正装置にて改善。
  ・治療費用:360,000円
 ・抜歯  :なし
 ・治療期間:6ヶ月

メリット

 矯正装置で歯並びを改善しても、舌突出癖が改善されなければ、また前歯が押されてしまいます。口腔筋機能療法(MFT)により原因を除去することは治療効果の増加、後戻り防止に役立ちます。当院では、ご家庭でも簡単にできる内容のMFTをご用意しております。

デメリット

 歯根吸収、リセッション、ブラックトライアングルなど稀に生じる可能性があります。
※また起こりゆる副作用に関しては、こちらをご覧ください。

記事サムネイル画像
記事サムネイル画像

清瀬とく歯科クリニックで一緒に働きませんか?

スタッフ募集中!

お話を聞いてみたいだけでもオッケーです!
皆さまのご応募、お待ちしております!

いま募集中の職種はこちら!

  • #歯科医師
  • #歯科衛生士