お知らせ・ブログ

news & blog
カテゴリ名
矯正

歯科矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について

 当院では大学病院から矯正専門歯科医師が派遣され、矯正治療の統括を行っているため最新の情報を元にエビデンスベースの治療を行うことでこれらのリスクを最小限にするよう努めています。医療である以上リスクはつきものですが、最小限にする努力、生じた際の解決・緩和手段を日々模索しています。

むし歯・歯の脱灰・歯ぐきの炎症

 固定式の矯正装置が入ると、毎日の歯磨きや定期的なクリーニングがより大切になります。むし歯や歯の脱灰(初期むし歯)・歯肉炎や歯周病の原因になるため矯正日以外にも定期的なクリーニングでこれらを予防しましょう。

歯の痛み

 矯正装置をつけると当日の夜くらいから数日の間、歯の痛みを感じることがあります。これは歯が動き始めるときに生じる生理的な反応であって病的なものではありません。また痛みの程度には個人差がありますが、毎回の治療の後、一週間程で静まるのが一般的です。お痛みが強く続く場合などはお気軽にご連絡ください。

歯髄炎の発現

 稀に、歯が強くしみる・軽く上下の歯が当たると痛み症状が出る場合があります。一週間程で静まるのが一般的です。お痛みが強く続く場合などはお気軽にご連絡ください。

口内炎

 矯正装置はお口の中にとっては異物であるため、頬粘膜、口唇、舌などが擦れて口内炎ができることがあります。擦り傷と同じく、徐々に回復します。身体の外側の皮膚と同じようにだんだん強くなってくるため、治療を重ねるごとにできにくくなってきます。お痛みが強く続く場合などはお気軽にご連絡ください。

歯肉退縮(リセッション)

 歯槽骨(歯が生える土台となっている骨)や歯肉が薄かったり、抜歯部位の骨が著しくやせてしまったりした場合には、治療中に歯ぐきが退縮し歯根が露出することがあります。

歯根吸収

 治療中、歯根が短くなることがあります。健康的な口腔内では大きな問題にはなりませんが、適切な口腔管理が十分に行われず、歯周病を引き起こした場合、歯の寿命に影響することがあります。根本的な発生機序がすべて解明されている訳ではありませんが、現状判明している発生因子については十分注意して治療を行います。

ブラック・トライアングル

 歯が並んでくるに従い、隣り合う歯と歯そして歯肉の間に三角形の隙間ができて黒く見えることがあります。大人の矯正治療に多く、原因は加齢による生理的な歯肉退縮や、重なり合っていた歯がほどけて本来あった隙間が目立つようになることがあげられます。

抜歯空隙の残存

 抜歯部位の骨痩せ(歯槽骨の幅が狭くなること)が著しい場合、歯を動かすことができず隙間を残して治療を終了することがあります。残存した隙間に対しては修復・補綴治療により補います。

歯の咬耗

 矯正治療中に歯同士もしくは歯と矯正装置が強く当たることにより、歯の咬耗を生じることがあります。

エナメルクラック(マイクロクラック)

 エナメルクラック(マイクロクラック)とは、エナメル質に見られる細かなひび割れ・亀裂のことです。矯正治療のみならず、奥歯に負担が強い噛みあわせ、歯ぎしりなどにより生じることがあります。

発音障害

 装置を装着したての時期に生じやすいです。特に裏側に装置を装着する場合は発音時に、舌と装置が接触するため、正しい発音がしにくくなることがあります(サ行、タ行、ラ行などの舌が上顎にくっつく発音で生じやすいです)。徐々に慣れてきます。

顎関節症

 治療中、開口障害、頭痛、耳鳴り、筋の硬直などを生じることがあります。

後戻り

 矯正治療を受けている方も、受けたことがない方も生きている限りは、歯が動いています。矯正治療は骨に植わっている歯を動かすため、炎症反応が起きています。この炎症反応が落ち着き、歯と骨がくっつくためには時間が必要です。そのために後戻り防止装置として保定装置(リテーナー)を使用していただきます。装置除去後、きれいな歯並びを維持するために保定装置(リテーナー)を装着していただき後戻りを最小限に抑えます。保定期間はその人の状態により様々ですが、舌癖などでも歯が動いてしまうため注意が必要です。

治療効果と治療期間

 治療期間は目安であり、治療経過次第では予定されていた期間よりも延長する可能性があります。

矯正装置の破損

 矯正装置は使用中に破損、脱離することがあります。

補綴物の再製

 補綴物(被せ物をしている歯)は、矯正治療を始める前の噛み合わせにったものが装着されています。矯正治療後は噛み合わせが変わるため再製が必要になる場合があります。

骨性癒着(アンキローシス)

 歯が歯槽骨と癒着して動かないことがあります(骨性癒着/アンキローシス)。

金属アレルギー

 矯正歯科治療中に金属アレルギー症状が出る場合があります。

メリットデメリット
記事サムネイル画像
記事サムネイル画像
歯科オブジェ

清瀬とく歯科クリニックで一緒に働きませんか?

スタッフ募集中!

お話を聞いてみたいだけでもオッケーです!
皆さまのご応募、お待ちしております!

いま募集中の職種はこちら!

  • #歯科医師
  • #歯科衛生士