お知らせ・ブログ

news & blog
矯正

こどもの矯正

小児矯正って?

乳歯の段階から矯正器具を使用することで、将来の歯並びを改善できる治療です。

小児から矯正を始めた場合と、成人してから矯正を始めた場合では、その費用や身体的負担が大きく異なってきます。近年では、幼少期の歯並びが成長発育に大きく影響することがわかってきたため、予防歯科において特に重要視される分野です。

小児矯正のタイミング

小児矯正のベストな開始時期は個人の状態によって異なります。早期に始めた方がいいお子さんもいれば、時期を待ってから開始した方がいいお子さんもいます。

当院では、小児矯正の専門医がエビデンスに沿って開始時期のご提案を行います。

小児矯正の流れ

小児矯正は一般的に次のような流れで進みます。

乳歯のみの段階で行う「早期治療」、乳歯と永久歯が混在した時期に行う「1期治療」、永久歯がすべて生え揃った後に行う「2期治療」の順番です。

それぞれのステージで治療の目的や指導内容、矯正器具が異なるため、全ての流れや方法を理解した上で治療を進めることが大切です。

永久歯が生える前に小児矯正が必要な理由

小児矯正を行う最大の目的は、大人になった時の歯並びが改善される事にあります。場合によっては、大人の矯正治療が必要なくなるケースもあります。また、全体の治療費が成人矯正と比べて安いことも特徴です。

小児矯正は他にも以下のような様々なメリットがあります。

・成長発育に悪影響を及ぼす悪習癖を改善できる
「口呼吸、舌癖、爪を噛む、指しゃぶり」など、放っておくと歯列や咬合だけでなく顔貌や全身の健康にまで悪影響を及ぼすと言われている悪習癖が改善されます。

・成人の矯正治療を回避できる場合がある
「早期治療」や「1期治療」で骨格を整えておくことで、永久歯が理想的に並びやすくなります。そのため、成人矯正で一般的に行う「歯の抜歯」や「骨格の手術」が回避できる可能性が高まります。

・顎骨の発育をコントロールできる
小児矯正は、上下の顎の骨格やバランスを整えることが大きな目的です。例えば、上顎が大きく下顎が小さい場合(出っ歯)などは、上顎の成長を抑制して下顎の成長を促進するような矯正装置が適応になります。

・むし歯や歯周病の予防になる
小児矯正治療による通院時は、必ず歯の状態も確認します。早めの予防処置や、必要であれば治療を早期に行う事で生涯のむし歯や歯周病のリスクをぐっと下げることができます。

 

当院では、LINE公式アカウントを利用したオンライン相談も実施しています。

大学病院の第一線で活躍する専門医の先生に直接問い合わせする事ができますので、治療の方法や費用などお気軽に相談して下さい。

▼矯正医のLINE公式アカウント

清瀬でマウスピース矯正
メリットデメリット

清瀬とく歯科クリニックで一緒に働きませんか?

スタッフ募集中!

お話を聞いてみたいだけでもオッケーです!
皆さまのご応募、お待ちしております!

いま募集中の職種はこちら!

  • #歯科医師
  • #歯科衛生士