お知らせ・ブログ

news & blog
矯正

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピースで歯並びが治ります

マウスピース矯正は、自分で装着できるマウスピース型の矯正装置を、約2週間ごとに交換して歯を動かしていきます。

 

マウスピース矯正のメリット

 ◆痛みが少ない

  ワイヤー矯正に比べて治療中の痛みが生じにくいです。
  また、マウスピース矯正の中にも痛みが少ない種類があります。

 食事がしやすい

  食事中は矯正装置を外せます。
  ワイヤー矯正のように食べ物が装置に挟まったりする事がなく、
食事のストレスがありません。

 ◆目立たない

  透明のマウスピースを装着するため、お口の中に矯正装置が入っていることが他人にわかりません。

 ◆費用が抑えられる

  ワイヤー矯正や裏側矯正と比べて費用が安いことがほとんどです。
  症状によってはワイヤー矯正の
半額以下の場合もあります。

 ◆清潔でトラブルも少ない

  中に口内炎や口臭が生じにくく、急なトラブルがほとんどありません。
  外して矯正装置を洗えるため、清潔に保つことができ、虫歯のリスクも低減できます。

 ◆治療の経過がみれる

  治療を決定する前に、矯正した場合のビフォーアフターが確認できます。
  また、デジタルデータを利用し、治療経過と歯の動きがいつでも確認できるため安心です。

マウスピース矯正のデメリット

 ◆装着時間で成績に差がでる

  専門医に指示された装着時間を守れない場合、歯は動きません。また、装着の仕方や、
  調整方法なども個人差があるため、適切な使用が習得出来ない場合は、他の矯正装置をお勧めいたします。

 ◆適応外のことがある

  マウスピース矯正では、治療が難しい歯並びもあり、正確な診断が非常に大切です。
  当院に寄せられるセカンドオピニオンの中は、「いつまで経っても治療が終わらない」といった方や、
  「治療後の歯並びに納得がいかない」などといった相談が多くみられるようになってきています。

 

 

以上のように、マウスピース矯正の特徴をしっかりと理解して、他の治療方法と比べていただくことが大切です。当院では、患者さんのライフスタイルや治療に対する希望を尊重し、専門的な知見と安全性の高い矯正治療を提供しています。自分にとってどの治療方法がより適切なのか、お気軽にご相談ください。

メリットデメリット
小児矯正

清瀬とく歯科クリニックで一緒に働きませんか?

スタッフ募集中!

お話を聞いてみたいだけでもオッケーです!
皆さまのご応募、お待ちしております!

いま募集中の職種はこちら!

  • #歯科医師
  • #歯科衛生士